teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


泥沼裁判?

 投稿者:野次馬  投稿日:2017年 9月12日(火)08時01分15秒
返信・引用
  財産区側は(弁護士は町?)、裁判所鑑定委員(不動産鑑定士)の意見も聞かないのですね、、地方地価下落の事実を無視ですねぇ そして 和解も拒否ですか、賃借権も凄いですねぇ まるで 売れない墓地のようですね?(裁判所選出の不動産鑑定士による反論書について、再反論したいと主張した、、)
別荘地を良くするには、控訴審判決は、勝ってほしいです。
 
 

水道メーター交換の疑問

 投稿者:sato  投稿日:2017年 8月 1日(火)10時16分7秒
返信・引用
  「良くする会」のご尽力でメーター制に移行して料金が従来の半額ほどに
なるとのこと感謝しております。
今回のメーター交換で感じたことを記しご意見を頂ければ幸いです。
説明会に出席できなかったので役場のHPより申請用紙をダウンロードし
て記入して水道課宛に郵送。
約2週間後S工業から工事費として5,864円の請求書が送付されてきまし
た。
メーター既設の場合は3,000円位と聞いていましたが取あえず振り込みま
した。
その後姫木平に入った際に知人宅は3、000余りとのこと業者は自宅の業者
とは違っていました。
疑問に思い水道課に問い合わせると担当者の答えは「メーター位置を探すの
に時間が掛かったので経費が上乗せされているのでは」との回答。
メーターボックス内には凍結防止のため発泡スチロールが入れてあり土砂の
流入もなくメーターは見られる状態を確認してありました。
位置は地上に突出している塩ビ管の止水栓から70㎝の距離で周囲は高さ20
㎝ほどのノコンギクが生育しています。
ちなみに知人宅はボックス内に土砂が流入していて掻き出すのに時間がかか
ったとのこと。
再度、水道課に連絡すると係長が來宅、今回の従量制移行に際し各業者にメ
ーター器は役場負担、工事費は受益者負担で特にメーターボックスの探索に
時間が掛かる場合はプラス2,000円の工事費を認めているとのこと。
それでは自宅のメーターボックスの状態を確認してもらうと普通の状態で探
索困難ではないだろうとの見解。
それと業者は事前に埼玉の自宅に電話で了解を得ていると発言しているとのこ
と、そんな事実はありません。

以前から別荘族から取れるだけ取ってやろうといううわさはありましたが今回
の件もその類なのでしょうか。

もう一つの疑問。
姫木平に家を建てる際に水道負担金として10万円余りを支払いメーターが設置
されました。
しかし、定額制のためメーターは利用されてきませんでした。
今回の従量制移行は受益者には好都合ですが役場は法に基づいての事業です。
水道メーターは各市町村で使用開始8年で交換がなされています私が住む埼玉
でも交換時期には役場より日時、業者名の連絡が有り無償です。
その点を係長に問うと水道負担金は当時の五味観光が徴取していて役場には納
められていないとのことで今回の受益者負担はは致し方ないとのと。
それでは何故役場のメーターが付いているのかと正すと不明とのこと。

今回メーター交換にさいして疑問だらけだった。


1-436 佐藤
 

総会後第6回世話人会が開かれました

 投稿者:原 崇  投稿日:2017年 6月20日(火)07時12分13秒
返信・引用
   第7回総会後、第6回目の「会」世話人会が、6月19日(月)午後2時~5時まで、ペンションもくりん宅で開かれました。現地の世話人を中心に6名参加しました。話し合われた内容は、1、前回4/26行なわれた世話人会以降のとりくみ 2、高裁裁判報告 3、ニュース№31発行について 4、当面の取り組み 5、次回公開裁判8/8(火)傍聴参加のよびかけ 6、総会議案の討議 7、別荘地連絡会について、論議しニュース等の会員への発送を6月22日に行なうことを決めて散会しました。  

第10回高裁での裁判が行われました

 投稿者:原崇  投稿日:2017年 6月15日(木)17時13分47秒
返信・引用
   姫木平・りんどうの郷別荘地の地代減額を求める第10回高裁裁判が2017年6月14日(水)午後2時から2時40分まで、東京高裁民事第16部でおこなわれました。今回まで弁論準備手続裁判のため、入室は原告のみで4人の原告と私たちの弁護団3名が入室しました。室外では、親族と第二次訴訟原告の傍聴者4名が待機しました。裁判官との協議後、報告会が行われ傍聴者8名全員と弁護団3名が参加しました。伊吹弁護士より協議内容が報告され、裁判官が今までの弁論準備でやるべきことはやり終え、これ以上することはないので今日で弁論準備は終結する、と述べたこと、弁論をもう一回、次回8月8日(火)午後2時から高裁808号室で行うことになったと報告。引き延ばしを策そうとしている相手側・野口弁護士が、裁判所選出の不動産鑑定士による反論書について、再反論したいと主張したことに対し、反論書を出されることには拒否はしない、と一蹴された印象を持ったとの感想が述べられました。今回も裁判所は、和解を勧告されましたが、控訴側の私たちは従来通り和解に応じる回答をしましたが、被控訴人側、相手の財産区側は、次回の裁判までに回答すると述べたと伊吹弁護士から報告されました。次回の裁判は、第一回裁判が行われた808法廷で、公開法廷となります。どなたでも入室して傍聴が出来ますので、大勢の原告および親族のみなさんやお知り合いの方を誘い満席にしたいと思いますので多数の参加をお願いします。
 報告会後、日比谷公園内の喫茶店で恒例となった懇親会を夕方5時過ぎまで行い散会しました。
 

学者村別荘地との交流会がおこなわれました

 投稿者:原 崇  投稿日:2017年 5月 9日(火)08時27分20秒
返信・引用
   5月8日(月)午後2時~5時まで、姫木平・りんどうの郷別荘地を良くする会と学者村別荘地区画保有者有志との交流会が行われました。双方合わせて10名の参加でした。自己紹介からはじまり、おたがい長和町の活性化のため、また長和町が別荘の町と言われるにふさわしい環境のため努力しようとする意見で一致しました。当面するテーマとして、別荘管理と管理費のあり方について論議を深めました。管理費と関連し、地代、町民税、等にも論議が及びました。共通する点では、別荘住民と町民との差別的な行政のあり方をあらためるために現状を把握し、改善するために協力し合うことを確認しました。今後長和町別荘地連絡会(仮称)の結成を目指し、他の別荘地にもよびかけ、当面は懇談会形式で月1回ぐらいのペースで話し合いを継続することを確認し散会しました。  

報告・説明会がおこなわれました

 投稿者:原 崇  投稿日:2017年 5月 5日(金)09時23分40秒
返信・引用
   2017年5月4日(木)午後1時30分~4時30分まで、「会」主催による「水道料金問題・管理および管理費について・地代値下げ求める裁判報告」についての報告・説明会がおこなわれました。ゴールデンウィークの最中、20名が参加しました。はじめに水道料金問題について、説明し質疑応答しました。基本的に、住民票の無い別荘所有者と住民票を有している家との料金差別が無くなる事に賛同する意見が多数を占めました。ほとんどの別荘にメーターが設置されているはずだから、メーターを探して、申請すると今までの定額制から従量制に変更することで、大方の別荘のみなさんの水道料金が今までの半分ほどになることを理解しました。手続きとして町役場に「給水工事申込書」を提出する必要があるので、用紙を町役場に請求するか、インターネットで用紙をダウンロードするなりして、申込みするよう説明しました。記入は、署名捺印するとともに、欄外に「メーターあり」と記入し、水道業者を指定する場合は、業者名を記入することなども説明されました。メーターが見つからない場合は、町役場、財産区、管理事務所に問い合わせることも良いでしょう。水道料金問題に続いて、管理のあり方、管理費について、地代をめぐる裁判報告がそれぞれ世話人の担当者から報告されました。  

第9回裁判報告および水道料金是正について

 投稿者:原崇  投稿日:2017年 4月22日(土)08時57分0秒
返信・引用
  第9回地代減額裁判が、4月21日(金)東京高裁民事第16部で行われました。控訴側から弁護団3名、原告および親族から9名が傍聴に参加しました。裁判の詳細については、追って会員のみなさんにニュースと共に郵送します。裁判後傍聴者全員で、日比谷公園内で懇親会を行いました。裁判の感想と共に、水道料金問題について話し合いました。水道料金問題について詳しい担当者も参加し、報告、質疑を行いました。多くの会員に周知するため、5月4日(木)午後1時30分~姫木平コミュニティセンターで報告説明会を行う事にしました。この件について、3月6日付で投稿をいただきありがとうございました。  

別荘の水道料金

 投稿者:youyu  投稿日:2017年 3月 6日(月)02時58分35秒
返信・引用
   長和町は水道料金の基本料金について、同じ簡易水道を使用していても一般家庭と別荘地で差を付けている。姫木平では、一般の基本料金は880円だが別荘地では何と約2倍の1715円なのである。本来水道は公の財産であり、水道料金は、同一サービス同一料金原則で地方自治法244 条3 項において、住民が公の施設を利用することについて地方公共団体が不当な差別的取扱いをしてはならない旨を規定している。
 かつて山梨県で別荘の給水契約者に対して、別荘以外の給水契約者と別の料金体系を適用することを認めた判例が有るが、別荘の給水契約者の料金水準が不当な差別的取扱いであるとの認識の下、最高裁まで争った事例がある。結果的に、本件は別荘の給水契約者に対する「不当な差別的取扱い」とされたのである。長和町も早々に改めた方が良い。
 

第4回世話人会報告

 投稿者:原 崇  投稿日:2017年 3月 1日(水)09時25分48秒
返信・引用
  第7回総会後、第4回目の世話人会が、2月28日(火)ペンションもくりん宅で開催されました。2月15日行なわれた高裁での裁判報告と今年に入ってからの活動報告が行われました。裁判報告資料、ニュース等を発行し、3月はじめに郵送することを決めました。今後のとりくみについて議論が交わされました。詳細はE-mailでお知らせしましたので参照下さい。  

Re: 苦情

 投稿者:匿名  投稿日:2017年 2月 3日(金)14時18分4秒
返信・引用
  > No.138[元記事へ]

すきやの雑作業員
 

レンタル掲示板
/19