teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:7/151 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

初夏

 投稿者:いけ  投稿日:2017年 5月20日(土)07時43分32秒 p1586125-ipngn7402sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
  通報 返信・引用
  初夏である。新緑がまぶしい。まだ桜は咲いているが、緑がどんどん勢いを増して、まぶしい。ライラック祭りとかで街中はにぎやかだ。裏の空き地の雑草もいつの間にか膝の高さになった。隣家の芝桜も満開。いいなあ。実にいい。6月から「初夏」だと思っていたが、題名を変更した。

     新緑に 負けじと咲け 遅桜   (いけ) 才能アリ

先週の「怒涛の春の日本海 上の国大遠征」の報告だが、結果は「怒涛の春の日本海 上の国大遠征・・・突風の原口に敗退ス」であった。
私の入釣場所は原口漁港左の砂浜。林フィッシングクラブの山田会長に連れて行っていただいた。東風10M以上。突風だった。バスの人達も風をかわせる場所を考慮して降りていった。が、考慮してもどうにもならない風であった。やや急な坂を下りて磯へ・・・。風はうずまいている。右からも左からも風が襲う。波はなかった。完全な「やませ」で磯に波はなかった。しかし沖では白波がたっている。竿先は休みなく揺れ、三脚は飛ばされた。
山田会長が奥末川方向まで歩き、岩陰で風をかわせる場所を発見し移動。そこでなんとか釣りができたが、魚が竿先を揺らすことはなかった。
ボウズである。完璧に。ひきもしない。
弁解するわけではないが、腕のせいではない。参加者の半数近くがボウズだった。「潮が悪かった」のだ。断じて腕のせいではない。

写真は入釣場所から原口漁港方向を望むである。結構な坂道なのが分かるでしょ。帰りは5歩上り3分休憩の状態だった。絶対にえりも第三降り口はムリだなあ。
もう一枚は市場近くの「香林」のAセット みそラーメンである。たとえミニチャーハンであっても所詮は脂肪と糖なのであるが数か月に一度、こういうものが食べたくなる。ナポリタンの大盛なんかもいいぞ。

今週はお休みだ。太平洋の準備と林フィッシングクラブ50周年に向けて、ブログを開設したのでその構想でも練ろうかな。

 
 
》記事一覧表示

新着順:7/151 《前のページ | 次のページ》
/151