teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/160 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

 投稿者:いけ  投稿日:2017年 7月29日(土)06時11分32秒 p1586125-ipngn7402sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
  通報 返信・引用
  暑さも和らいだけど少しずつ体力が消耗してゆくのがわかる。年を取ったんだろうな。朝、起きても疲れが残る。先日うなぎも食べたけどまあそれなりだな。脂っこいなと思う。平賀源内もここに目をつけたんだな。夏バテしないよう十分の休息と食事とビールだな。やっぱり。

先週の釣道会の結果は満足した。アブカジの大物もタカノハも釣れなかったけどクロガシラが大漁だった。サイズも35センチサイズで食べ頃。
場所はえりも夕日ヶ丘。東洋で降りようと考えてそれなりの準備をしていたが、バスの中での情報ではあまりよろしくない。他にも同じ場所入釣する人がいるようで悩んでいると、私が兄と慕う上村名人が一緒に夕日ヶ丘に行きましょうと誘ってくれた。
上村さんを知るようになって20年以上になるが、風貌が私に似ていて親近感を覚える。付き合いは長いし釣り場で偶然にあったこともあるが同行するのは初めてだ。
えりものコンビニ前で降りて右側の磯へ。先客が一人いて「どうですか?」と聞くと「クロガシラがダブルで釣れた!」とのこと。バッカンを見ると30センチオーバーの魚が数匹入っていた。カジカもいた。ウーン、クロガシラか。餌のイソメは持ってきたがカレイ仕掛けは3組しかない。上村さんが「右の船揚げ場でカジカを10匹釣ったことがあるよ」との情報。迷わずその通りにした。彼はは更に歩いて遠くまで行った。
竿は2本でゴロコマセカツオの仕掛けで右側のホンダワラの中へ。もう一本はコマイでもとカレイコマイ仕掛けで「遠投」。大遠投であった70~80メートルくらい?
心配していた雨も波も風もない。今週もあずましい釣りだ。星さえ見えた。
遠投の竿にアタリ。少し待つ。またアタリ。糸を少し緩め、また待つ。ググッと大きなアタリがきて竿を合わせた。完璧。魚の重量感と動いているのがわかる。釣りの醍醐味。
上がってきた魚は30センチのクロガシラだった。
結局、一度も移動することなく9枚のカレイを釣った。

「ニンニクこうじ爆弾」の報告である。
ニンニクこうじ爆弾をコマセ袋に入れてチカとカツオのアイガケで50メートルほどの遠投。すかさずアタリ。ハゴトコだった。朝焼けの磯で真っ白なコマセが飛んで行く。これはこれで美しい。問題点は匂いだった。混ぜているときもそうだが、密封パックを開けると磯全体にかなりきつい想像通りの香りが立ち込めた。回りに人いるときは使用しないほうがいいな。
オキアミと市販のコマセを混ぜたものでも同じ結果だったので効果はわからなかった。

写真は
えりも夕日ヶ丘の朝焼け
釣果
2017年豊平川の花火

です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:4/160 《前のページ | 次のページ》
/160