teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


傘がない

 投稿者:いけ  投稿日:2018年 7月 7日(土)08時24分19秒 p1625215-ipngn9501sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
    長き雨 寒きに負けて 上着出す

 雨が続いて、蒸し暑さからやがて、秋の寒さを感じてしまった。
まだ、7月も始まったばかりだというのにね。
たまらず、先週タンスにしまった薄手のコートを出してしまった。
そんな時の少しさみしい気持ちの句だ。
「長き」「寒き」と「上着」と、一応「韻」は踏んだのだけど
相変わらず「広がり」も「深み」も伝わってこないなあ。

 そんな時は井上陽水を思い出す。
始めて「傘がない」を聞いたのは高校生の頃だったけど、
鮮烈だったなあ。鮮烈だったしその頃の自分の気持ちを歌って
いるなあと思った。
「歌は世につれ人に連れ」なんていうけど、そんなことは本当にあるの
だなあ。
でも古い感じはしないけどね。

 先週の第四回大会も雨だった。ザーザーと降る雨ではなかったが、
久々の雨の中の釣りだった。
写真は黄金道路の荒磯トンネル付近でカトーちゃんが上げた
53センチのカジカだ。相変わらず大物ポイント知っている人だ。

今週の麺類は長沼の「ほくほく庵」の手打ちうどんだ。
長沼の農園の中にポツンとある手打ちうどん店だ。
讃岐うどんのようなコシと極上の出汁。多分あごだし
ではないのだろう出汁は北海道的で好感が持てた。
窓の景色も、十数年前に見た時は牧草が風に揺れ、大海の
ようであったが、その日はまだなにもなかった。遠くには夕張連山が
夏に太陽に輝いていた。
味は大草原の小さな家の「ロッキングチェア」でくつろぐ味だ。
 
 

ゴールデンカムイ

 投稿者:いけ  投稿日:2018年 6月24日(日)08時42分33秒 p453253-ipngn4701sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
     青空に 緑のちぎり絵 貼って 夏

 まだ夏というには早いけど、空は夏の青空だ。
山は緑で、緑色のちぎり絵を空に貼ったら本当の夏の景色になるゾ。
という句だ。
「緑の切り絵」にしようかと考えたけど、緑色にもたくさんあって、
山の緑はたくさんの緑色でできていた。

 録画してまで見るテレビ番組がある。
「ブラタモリ」「西郷どん」「72時間」「孤独のグルメ」「相棒」と
最近は「ゴールデンカムイ」だ。
月曜日の深夜2時頃のアニメなんだが、週刊誌の書評で読んで
見始めたが、おもしろい。
アニメを見るのは「金田一少年の事件簿」以来だが、毎週楽しみにしている。
日露戦争当時の北海道が舞台のアニメだ。
アイヌの埋蔵金を探すという物語なのだが、いろいろな登場人物
がいて、時代背景も自然描写もいいなあ。
アイヌ人は自然にいきいきと生きていて、和人は病んだ人ばかりだ。
多少残酷な描写もあってある意味「R指定」なのでこの時間帯の放映
なのだろうが最近のマイブームだ。

 蕎麦は北円山の「雄」だ。若い店主で入口にはピーターラビットの
飾りがあった。食したのは「かけとざるそば」のセットだ。
始めて見るメニューだ。
以前、「古祁庵」(こきあん)で日本酒と天ぷら蕎麦を食したが、その時
あまり時間をかけて食べないでと言われた。きっと、つなぎがゆるくなるのだろう。
「かけ」と「ざる」はつなぎが違う?
始めて感じた疑問だ。
両方ともうまく食したが気になるなあ。
味は草原を雄飛する味だ。

 

いい日旅立ち

 投稿者:いけ  投稿日:2018年 6月 2日(土)07時41分4秒 p453253-ipngn4701sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  カート引き おもいは飛んだ 五月晴れ

 自宅の近くに千歳空港行きのバスの停留所がある。
休み前休みあけには何組かの旅行者がバスを待っている。
若い人、年寄、家族連れ・・・どこへどんな理由でとか
いろいろ想像する。孫に会いにきたのだなぁとか、
これからディズニーランドだなとか、見ていて楽しい。
そんな時の空は青く澄み渡っている。これからの
旅を象徴するかのようにだ。そんな時の句だ。
カートの重さとこれからの旅の思いをかけてみたんだけどね。

 1980年の秋、私は鳥取空港にいた。空港の建物は
小さいなというのが印象だったと思う。ふと見るとテレビの
前が黒山の人だかりだった。
そこでは先日あった山口百恵のファイナルコンサートを放映していた。
最後に歌っていたマイクを置いた。山口百恵が伝説になった
瞬間である。

遠くで大山連山の紅葉が冬の到来を感じさせた。日本の旅だなあ。

 写真は東京旅行の時見た上野の「シャンシャン」だ。
東京では正しい旅をした。国会議事堂、皇居、神田、
もんしゃ焼き、スカイツリー・・・正しい東京観光を目指した。

 今日の蕎麦は苗穂の「里山」だ。いかにも蕎麦を追求します、
といった店で、昼時にも関わらず、あらたに蕎麦を打って
いた。味は真摯な求道者が持つシャイで謙虚な味だ。

PS:先週はHFC大会でえりもで54センチのカジカを釣って身長賞だった。
   今日は鉄東釣友会のお世話になって、先週と同じ場所に入釣予定だ。
 

雨あがりの夜空に

 投稿者:いけ  投稿日:2018年 5月19日(土)08時06分25秒 p618009-ipngn703sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
     雨あがり の夜 むせかえる 若葉の香

 先日、RCサクセションの忌野清志郎のエッセイを読んでいたら
三浦友和がグループの一員だったと書いてあった。
キヨシローと高校が同じで友和はドラムを叩いていたらしい。
あの山口百恵の旦那とスーパーロックンローラーがだぜイ。

 桜が終わって山は新緑の頃。雨の夜、ふと若葉の香りを感じた。
むせかえるような濃厚な香りだった。そんな時の句だ。
「雨あがらの夜空」と若かった自分とかけているんだぜイ。

 始めてRCサクセションを聞いたのは20代の社会人になって間もない
頃だった。高校時代の友人に誘われて数人で市民会館に出かけた。
メンバーが登場し前奏が始まった途端、全員総立ち。ノリノリワーワーキャーキャー
最後まで身体をゆすってたんだぜイ。
それまでロックは洋盤と思っていた私のあさはかさはブツとんだだぜイ。

 写真は先週書いた南4条通りの桜だ。きれいダロウ。
それと先週参加した釣道会大会の優勝者藤岡さんと身長賞の上村さんの写真だ。
藤岡さんは根がかり必至のゴロタ場で捨糸一本張り仕掛けで釣ったそうだ。
私の釣果はいつもの通りだったゼイ。

 今週の蕎麦は
「日清の江戸そば」だ。カップ麺だけど「どん兵衛」とは出汁だ違う。実に研究された味だ。
天ぷらもいいのだがその分カロリーが気になる。
してはならないことを知ってついついしてしまう「背徳」の味だ。
写真はないけどローソンで売っているから試してみるんだぜイ。
 

在原業平

 投稿者:いけ  投稿日:2018年 5月12日(土)06時04分51秒 p561131-ipngn1102sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
      遅く咲く 道に名に追う さくら庵

4条通り。20丁目通りから27丁目の円山の縁(へり)を走る
環状通までの道には今を盛りの桜が咲いている。
円山公園の桜は散り始め、葉桜だというのに得した気分になる。
その道に蕎麦の名店「さくら庵」はある。あるではなく佇んでいる。
3年ほど前から何度か行っているが今年の春初めてその名の
由来に気が付いた。その時の句だ。
「名に追う」なんて古風な言い方だけど、伊勢物語の

「名にし負はばいざ言問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと」
(在原業平)
からいただいた。
意味は

「都」という名を持っているのなら、(都の事情に詳しいであろうから)
さあ尋ねよう、都鳥よ。私が恋い慕う人は無事でいるのかいないのかと。

という意味だけど、高校生に学んだ時より何か感慨深いものがある。
「いざ言問はむ」などとは私にはないけど
・・・せいぜい今日はどこへ行ったら魚は釣れるのぐらいかなぁ・・・
いいねぇ。

味は「言いえて妙(たえ)なる味」だ。
近くにパスタの老舗「ドン・パスタ」もあって、楽しい道だ。
 

高瀬舟

 投稿者:いけ  投稿日:2018年 5月 5日(土)08時05分16秒 p561131-ipngn1102sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
    雨風に 幾度もほうき 桜舞

 桜が咲いてゴールデンウィーク前半の温かさもあって最早満開。
満開になると散るのも早い。さらにこの23日の雨風に桜の花びら
が玄関の入口にたまっていた。という光景の句なのだ。桜って花
は春を感じさせるものだけど何かさみしい感じもあるね。

 写真は先週のHFC第一回大会の時のヤギちゃんの釣果だ。稲穂
付近に入って波と風に悩まされたと言っていたな。今回の大会は
みんな釣っていたね。ホッケはみんな40オーバーだし、アブカジに
カレイ、ソイ。コマイもいたしね。
 参加人数は27名。やはり大人数の大会は楽しいね。釣りバスは
こうでなくてはならないな。ちなみに何年ぶりかで入賞してしまった。

 もう一枚の写真は東京・上野の「蓮玉庵」の天ぷらそばだ。森鴎外!
が通っていた蕎麦屋らしい。出汁は関東らしく味は濃かった。いかにも
地元のお客さんが、蕎麦の4分の1だけを出汁につけ、啜り上げ食べて
いた。もりそば3枚は数分だった。粋だね、通だねえ。
 味は中学生の時原文で読んだ日本の古典に少なからず感動した
青春の味だった。

 

俺たちの旅

 投稿者:いけ  投稿日:2018年 4月28日(土)07時51分43秒 p561131-ipngn1102sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
   桜咲く 花壇作る手 冷たき手

 桜、咲いたね。でもまだまだ寒くて朝晩はまだ手が冷たい。
今日この頃を読んだ句なのだ。手が2回入っているのは
桜が咲いて春なのにまだまだ寒いということを強調するため。

 写真は先日東京へ旅をしたときに高田馬場に近い街で
食べた「しらす油そば」と「濃厚醤油にぼしラーメン」だ。
油そばを始めて食べたけど、考えていたような油っぽさ
はなく、しらすの味と相まっておいしかった。酢とラー油
を2回、回し入れるというのはいいネ。

 で、その食べた店なんだけど、高田馬場から駅3つ目の
街にある店だ。日曜日だったけどお客は私以外に3組だった。
3組とも学生風のアベック。男は全員ジーンズだった。
まさかパンタロンスタイルではなかったけど、
中村雅俊が主演した「俺たちの旅」の光景を思い出した。
 月日は変わっても「青春」は同じだなあ。と考えた。
味は、コーすけ役の中村雅俊がパンタロンのジーンズで
何故か噴水の中に入っていく、郷愁にも似た味だ。

 で、今日はHFC第一回大会だ。鉄東釣友会さんと
釣道会チーム侍さんとの合同大会だ。人数も多い。
今年も明るく楽しい釣りにしましょう。 
 

出発のうた

 投稿者:いけ  投稿日:2018年 4月20日(金)05時51分8秒 p561131-ipngn1102sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
    桜まだ 辛夷(こぶし)まだ 山に残雪

 季語を3つ並べただけの句だけど、今の早春を感じさせる句
だなあと思う。桜は咲いてないし札幌では同時に咲く辛夷も咲いて
いない。でも山の残雪は確かに春を感じさせる。という感じだ。

 今週は釣りにも行かないで、ひさびさの旅に出る。旅と言って
も飛行機で東京に行くだけだけどね。そんな時は大昔に流行った
「出発(たびだち)のうた」を思い出す。テレビ「木枯らし紋次郎」
の主題歌だったと思うけど、今までの歌にはなかった哲学的な詞が
印象的だった。

 写真は発寒つたやの写真だ。発寒の住宅街の中にある店で、探す
のに苦労する。蕎麦の上にあるのは「そばがき」だ。忙しい時は
出してもらえないらしい。店内には今まで蕎麦を打ってましたと
いうばかりの場所があったが、主人はいなかった。奥さんひとりで
働いていた。
 私の父も母も蕎麦を打たなかったが、ひさびさに帰った実家で
手打ちの蕎麦を食べ、思わずお替りしてしまうような味。
春かな若いころへの憧憬の味だった。

 
 

氷雨

 投稿者:いけ  投稿日:2018年 4月14日(土)07時49分32秒 p561131-ipngn1102sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
     春浅き  息吹き たぎらす ホッケ波

 先週、石山フィッシングクラブさんのお世話になって、今年
最初の釣りに行った。瀬棚町某所。昨年も入釣した磯だ。ホッケ
は多少波があるほうが釣れるというけどまさにそのような波
だった。磯から望む山は、雪は解けて茶色で埋め尽くされていた。
来週にはギョウジャニンニクとかの新芽が出てくるだろうけど
春はまだまだだった。でも磯は春だった。時折足元を波が洗い、
海はホッケの気配でザワザワしていた。40センチサイズの
ホッケが釣れた。同行のヤマちゃんはカジカ、ホッケで
バッカンがいっぱいになっていた。
 そんな時の俳句だ。
・・・春だなあ・・・

 写真は昨年のHFC納竿の時に伊達市黄金海岸でヤマちゃんが釣った
大物カジカだ。ほんとにうれしそうな顔をしているけど、
その日はまさに「氷雨」だった。私は氷雨のなか終点付近で
雨宿りしていたけど、釣る人は釣ってくるな。
 

テンペスト

 投稿者:いけ  投稿日:2018年 4月 7日(土)08時20分15秒 p561131-ipngn1102sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
     春 みぞれ  流せよ積もる わだかまり

 雪が解け隠れて見えなかったゴミ、砂が気になる今日この頃だ。
冬の間にもいろいろあった。言った言わない、やったやってない、
したしてない、降りろ降りない、ニュースも現実もそんなのばかりだ。
人が考えること、感情、発言には間違いも勘違いもある。そんなの
ばかりだ。そんなことが「わだかまり」になる。
今朝のみぞれのように、春のきざしを
感じながら、あやまったり、反省したりして流せばいい。

 「テンペスト」はシェークスピアの戯曲で「あらし」という
意味だ。学生の頃、髪のきれいな胸の大きな女性がいた。
ひとつ先輩だったと思うけど、出演している演劇の公演チケット
を買ったことがある。500円ぐらいだったと思う。
当日、不埒な気持ちの青年3人は観劇に行った。
英語劇だった。意味もあら筋もわからなっかった。彼女と
挨拶の握手をしたのがうれしかった。
 劇の背景につかわれているボードに「糾弾・・・」と
前月の学校封鎖のときの檄文の一部が消されず見えて、妙に
なまなましかった。
 しばらく彼女の姿を見ることはなかった。ある時、繁華街の
「女子大生パブ」で見たという噂が流れた。不埒な
気持ちの青年3人は出かけたが、彼女はすでにいなかった。

あらしになると思い出す若い頃の話だ。

 昨年のHFC第8回大会もあらしだった。10メーターを超える
強風。波もかなりのものだろう。バス会社から確認の電話があった
くらいだ。喧々諤々、多事争論の結果、実施した。
 結果としては良かった。特に様似港に入った人たちは大釣りだった。
クマちゃんはこの回で1187点で年間3位に浮上、身長賞の菅原名人
も様似港だった。安全第一に、だから釣りはおもしろい。

 写真はえりも町某所で10メーター以上の風を背に受け、
竿1本で磯に立つ、上村兄いだ。彼はこの後45センチの
クロガシラを上げるのだが・・・。
 

4月になれば・・・

 投稿者:いけ  投稿日:2018年 3月31日(土)06時22分32秒 p2147114-ipngn9701sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
    吹雪すぎ 桜待つ 朝のバス停

 3月の始めは吹雪だった。今は雪もとけ、東京は桜が満開だ。
朝、通勤のいつものバス停でそんな春の風情を感じながらの句
だ。吹雪と桜(吹雪)、待つとバス停がかかっていていいと
思うのだけど。・・・今年の最初の句だ。
 明日から4月で、冬眠あけの羆よろしく釣りへの気持ちが高
ぶってくる。若い頃は3月でも釣行したし、1月でもコマイ釣り
したけど、最近は寒さに勝てない。釣り竿、リール、仕掛け、餌
等々の準備の毎日だ。

 今年最初の「そば」は真駒内の盛朗庵だ。クマちゃんからの情報
で「おいしい」とのお話。クマちゃんの言う通り出汁が非常においしかった。
 

アドレス

 投稿者:事務局より  投稿日:2018年 3月16日(金)11時05分19秒 nthkid168073.hkid.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  hfc884.web.fc2.com/50kinen.html  

50周年

 投稿者:事務局より  投稿日:2018年 3月16日(金)11時02分55秒 nthkid168073.hkid.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  50周年記念の宴会をアップしました。  

釣新に出ました

 投稿者:事務局より  投稿日:2018年 3月 9日(金)09時55分24秒 nthkid168073.hkid.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  3/8の釣り新聞に50周年の記事が出ました。  

記念プレートと缶バッジ

 投稿者:事務局より  投稿日:2018年 2月26日(月)10時20分56秒 nthkid168073.hkid.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  50周年記念のプレートと缶バッジを会員の皆様に幹事長より発送の予定です。楽しみにお待ち下さい。  

50周年記念

 投稿者:事務局より  投稿日:2018年 2月24日(土)09時47分18秒 nthkid168073.hkid.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  50周年記念の宴に参加頂き有難う御座いました。取合えず集合写真をアップしておきます。今後幹事長が資料の整理をし皆様に配布の予定の様です。お楽しみに!!  

年間賞

 投稿者:事務局  投稿日:2017年12月17日(日)12時43分58秒 nthkid168073.hkid.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  平成29年度の年間賞順位をHPに載せました。記載漏れが有りましたらご連絡下さい。  

 投稿者:いけ  投稿日:2017年11月 4日(土)08時46分32秒 p1012110-ipngn6801sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  どんどん秋は深まり、しばらくご無沙汰しているうちに雪も降ってきて、冬だ。
ゴッホ展の報告依頼だから月日が過ぎるのは早いナア? ちょっと違うな。
その間にいろいろあってね、いろいろ話したいこともあるけど、また今度ゆっくり
しよう。
まずは第七回大会の報告だ。
場所は厚賀から三石まで。最近、行ったことのない近距離だ。バス代も安いしいいかもね。
私は節婦漁港左の浜へ山田会長と入釣。10年くらい前に一度入ったことがあるけど、ひさびさ。500メートルくらい歩いて、根のあるポイントへ。
結果は私は相変わらず。でもね、山田会長は優勝しちゃった。しちゃったからしかたない。
私の右側にいた時はカジカ1匹だけだったけど、朝方、私の右側に移動して、カジカの45クラスをバタバタ、ガンガン釣り上げ優勝してしまった。
ウーム。
魚釣りはだから面白いのだろうな。

写真は
1位山田会長、2位PAPA竹園、3位オータツゲール氏 だ。
今年のベスト3だね。
身長賞は五十嵐さん。この方前週も身長賞だったなあ。大物を引き寄せるタイプの
人なのだ。
来週は第8回大会。場所は浦河からえりも港まで。きっとカジカがいいはずだ。

もう一つの写真は、伏見稲荷前の「鬼はそと」のカレーうどんだ。
こ洒落たカフェみたいな店で、札幌の町を眺めながら食す「カレーうどん」も
いいのだ。」
 

初秋

 投稿者:いけ  投稿日:2017年 9月23日(土)07時52分24秒 p1012110-ipngn6801sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  一雨毎に秋が深まってゆくなあ。そんな言葉がぴったりな季節だ。今日は秋分の日だし、朝夕はなにかを羽織らなければ寒くなったし、来週からは秋だ。

釣りには行ってないけど、先日「ゴッホ展」に行ってきました。「芸術の秋」なのである。絵画は良くわからないけど突然見に行きたくなって行ってきた。絵画の観方は
① 全体を遠くから見る。色彩、構図等々を感じ取る。
② 近くから筆致までわかるようにつぶさに見る。やがて、作者が何を考えていたか、どんな感情でそこに色を置いたのかわかる。
なんてことを何かの本で読んだ記憶があったけど「さっぱりわからない」
わからないことは仕方ないが、ゴッホの絵はなにか揺らいでいた。めまいするくらい揺らいでいる。その理由は色々あるらしいけど、よくわからない。
わからない也にそれも芸術の秋なのである。

「わだばゴッホになる」(棟方志功)わけじゃないけど翌日「DAISO」に行ってスケッチブックと
鉛筆を買ってきた。デッサンは絵画の基本だしね。デッサンできるようになったら「DAISO」で絵具も買おう。釣り以外の趣味も持ったほうがいいらしいしね。

写真はその時のものだ。
 

初秋

 投稿者:いけ  投稿日:2017年 9月 9日(土)08時24分26秒 p1012110-ipngn6801sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  9月2週目。秋だなあ。9月は釣りの予定がなく、することがない。後半の釣りの準備だな。

実は昨日、林フィッシングクラブの役員会の予定だったが中止になった。参加者が少なかったからだ。10人の中で出席者は5名。中止することになった。毎回10名以上が集まり、この時期の役員会は、前期の反省と収支決算そして成績の確認がある。それに今回の会議は来年度の大会開催についての話が出るはずだった。
欠席の理由は、病気が多いことだ。内科、循環器科、眼科、胃腸科、消化器科、歯科、整形外科、・・・皮膚科もいたな。まさか小児科、産婦人科はいないと思うけどね。とにかく、入院、通院、療養中が多い。「釣り会の少数化高齢化」の影響多しだ。
どこの会でも同じだと思うけど、来年は大変。50周年なのにね。

ともあれ前半6回終わっての順位は以下の通りだ。
一位  PAPA竹園      5917点
二位  オータツゲール氏  5085点
三位  やまチャン     4385点
四位  ムッシュ藤岡氏   3349点
五位  くろチャン     3191点

魚種別身長
あぶらこ  490   PAPA竹園
カジカ   467   やまチャン
ホッケ   453   いけ
ソイ    451   アルペン原田
アカハラ  545   PAPA竹園

ハチガラ、コマイ、カレイ、タカノハは規定に達していないためいない。
あと3回だけどみんな頑張ろうね。

写真は上位3名の写真だ。
 

レンタル掲示板
/10